Office D 外国人(社員)受入れサポートのご案内

Office D では、日本企業の外国人赴任者及び研修生の受け入れをサポートいたします。 在留資格取得から日本での生活に関するサポートまた、日本企業で働くために必要な各種研修のサポートなどをご要望に合わせてご提供します。 企業担当者様にとっては、外国人受け入れ業務は複雑で煩雑な作業が多くあります。 これらの業務の負担を軽減していただくために丁寧に、責任を持ってお手伝いいたします。

◎受入れを検討中、または受入れが決まったら、すぐにご連絡を!

お問合せはこちらへ!

中国人社員を日本に赴任又は研修生として受け入れる場合

Step1.プロから学ぶ「中国人社員 受入れの基本知識と実践法」 3~4時間

  1. □対象:人事ご担当者様
  2. □内容
  3. Office D 講師:行政書士 佐藤大達(兪 大達)氏
  4. ①入国管理局の業務
  5. ②企業に関連する在留手続きについて
  6. ③申請書類作成のポイント
  7. ④具体的な事例から学ぶ
  8. ⑤入管法改正について
  9.  

    Step 2.「異文化理解 研修」 3~4時間

  10. □対象:人事担当者及び関係者様
  11. □内容
  12. Office D講師:佐藤大達(兪 大達)氏、松本真理
  13. ①外国人を受入れる心構え
  14. ・異文化理解 ・異文化コミュニケーションにおける注意点
  15. ・コミュニケーションスタイルの違い
  16. ②中国を知る
  17. ・中国の概況 ・中国人のコミュニケーション特徴
  18. ・中国人の商習慣 ・中国人の仕事に対する考え方と価値観
  19. ③中国人のマネジメント  ‐基本‐
  20. <指導の注意点>
  21. ・叱り方のコツ ・効果的なほめ方

 

Step3.オリエンテーション「異文化コミュニケーション研修」  6時間

*本研修は、外国人赴任者及び研修生が日本に来日後、滞在期間中の状況に合わせて段階的に研修内容をご提案します。

  1. □対象:中国人社員
  2. □内容
  3. 講師:Office D 松本真理、佐藤大達(兪 大達)氏 *通訳いたします
  4. ①日本での生活のために  ‐オリエンテーション‐
  5. ・文化の違い(食文化、住居、服装など) ・生活習慣の違い(トイレの使い方、公共のマナーなど)
  6. ②異文化を理解する
  7. ・中国と日本の違い
  8. ・中国人と日本人の違い
  9. ・小異を捨てて、大同に就く
  10. ③ビジネス・コミュニケーション(基本)
  11. ・「コミュニケーションの大切さ」 
  12. ・「日本人のコミュニケーションスタイル」
  13. ・「コミュニケーションの基本」第一印象、あいさつ/お辞儀、名刺交換など
  14. ④効果的な仕事の進め方   ‐事例で考える‐
  15. ・「報告、連絡、相談の必要性としかた」、「確認の大切さとしかた」

 

海外拠点より外国人社員を日本に赴任又は研修生として受入れる場合

Step1.プロから学ぶ「外国人社員 受入れの基本知識と実践法」 3~4時間

  1. □対象:人事ご担当者様
  2. □内容
  3. Office D講師:行政書士 佐藤大達(兪 大達)氏
  4. ①入国管理局の業務
  5. ②企業に関連する在留手続きについて
  6. ③申請書類作成のポイント
  7. ④具体的な事例から学ぶ
  8. ⑤入管法改正について

 

Step2.「異文化理解 研修」 3~4時間

  1. □対象:人事担当者及び関係者様
  2. □内容
  3. ●Office D講師:立教大学社会デザイン研究所研究員 齋藤哲男氏、松本真理
  4. ①外国人を受入れる心構え
  5. ・異文化理解
  6. ・異文化コミュニケーションにおける注意点
  7. ・コミュニケーションスタイルの違い
  8. ②その国を知る *外国人赴任者及び研修生の在住国
  9. ・国の概況
  10. ・国のコミュニケーション特徴
  11. ・商習慣
  12. ・仕事に対する考え方と価値観
  13. ③外国人のマネジメント  ‐基本‐
  14. <指導の注意点>
  15. ・言葉で伝える ―以心伝心は伝わらない―
  16. ・叱り方のコツ
  17. ・効果的なほめ方

 

Step3.オリエンテーション「異文化コミュニケーション研修」  6時間

*本研修は、外国人赴任者及び研修生が日本に来日後、滞在期間中の状況に合わせて段階的に研修内容をご提案します。

  1. □対象:中国人社員
  2. □内容    
  3. Office D 講師:立教大学社会デザイン研究所研究員 齋藤哲男氏、松本真理
  4. ①日本での生活のために  ‐オリエンテーション‐
  5. ・文化の違い(食文化、住居、服装など)
  6. ・生活習慣の違い(トイレの使い方、公共のマナーなど)
  7. ②異文化を理解する
  8. ・中国と日本の違い
  9. ・中国人と日本人の違い
  10. ・小異を捨てて、大同に就く
  11. ③ビジネス・コミュニケーション(基本)
  12. ・「コミュニケーションの大切さ」
  13. ・「日本人のコミュニケーションスタイル」
  14. ・「コミュニケーションの基本」第一印象、あいさつ/お辞儀、名刺交換など)
  15. ④効果的な仕事の進め方   ‐事例で考える‐
  16. ・「報告、連絡、相談の必要性としかた」、「確認の大切さとしかた」

ウィンドウを閉じる